全国50店舗以上を展開する大型釣具店「釣具のキャスティング」

よくあるご質問各種サービス会社案内採用情報お問い合わせマイページ

HOME > CLAB * CASTING LADY ANGLERS BLOG > ぐるっと房総・投げ日和『守ろう沖ノ島・アマモ再生花枝採取会に参加してきました』

CLAB * CASTING LADY ANGLERS BLOG

その他・お知らせ

ぐるっと房総・投げ日和『守ろう沖ノ島・アマモ再生花枝採取会に参加してきました』

2018年6月29日CLABスタッフ

6月に勝山で行われた、沖ノ島アマモ再生花枝採取会に参加してきました


前回も書きましたが、館山の沖ノ島に生えているアマモは
台風とアイゴの食害等で壊滅的な減少傾向にあり
すでに自生している分では十分な花枝が出ないため
鋸南町、鋸南保田漁業協同組合、大六の榎本様に御助力いただき
勝山・大六海岸に生えているアマモから採取した花枝を
東京の御茶ノ水女子大学で熟成させた後
9月にタネをまた館山に持ってきて
地元の小学生が選別作業を手伝ってくれるそうです

ここ2年の間に定着した勝山のアマモ

勝山では、ここ2年ぐらいの間に
台風などの影響で岩場が砂で埋まりアマモが生えはじめたらしく
それまではもうちょっと右の岩場に、森のようにあったのだそうですが
それも今はもう生えていない。

アマモの群生地は昔のように定着していないことが
これでわかります

挨拶と自己紹介の後、うみがめさんの指示で採取開始!

アマモの地下茎はこんな感じ

これがアマモの茎。
アマモは種だけでなく茎が生きていればそこからも芽を出します
これは何らかの理由で浜に打ちあげられた茎ですが
これも植えれば定着するそうです

アマモの花枝

これが今回採取する花枝。
他の葉の部分と違い、若干枯れた茎のような風貌で
このなかにたくさんの種が入っています

花枝の中の種

花枝を開いてみると、未成熟の種がたくさん入っています
この種を熟成させて9月に種の選別をします

雨が降ってちょっと寒いけど、頑張ろう!

漁港内。台風で砂が入り結構浅瀬になってます

花枝を一本一本摘み取り、熟成用の袋に入れていきます
一つの袋で約500本。
この日は合計4000本近くの花枝を採取できました

生き物観察・シタビラメの一種

ヨウジウオ(つがい)

ミスガイ

ヨツアナカシパン

こんなに人が入ってウロウロしているのに
アマモの中には生き物がたくさん居ます
さすがにシロギスは居ませんでしたが、アマモ群の外側で
キラキラと光る魚体を群れで見る事が出来ました

この日は雨で若干濁っていますが、千葉では珍しい透明度の高い海です

この下に良い型のシロギスが・・・!!
もうたまらーん!釣りたーい!!

たくさん集まりました

寒かったけど、みんなで頑張りました
2時間ほどで作業終了です

うみがめさんの生き物セミナーを聞いてお開きになりました♪

作業が終わって釣りタイム!

皆さんがお帰りになった後
大六の榎本様に許可を得て
初めて大六サーフから釣りを楽しみました

サーフから5色
やはり大型のシロギスとベラが居ました

漁港内は駐車禁止なので、公園側の駐車場に車を置いて
ちょっと歩きますが、良いサーフです

アマモ群が近いだけで、こんなに釣果が違うのです
いかに釣りにアマモが大切か、良く解ります



ちなみに

アマモって、あのドモホルン○ンクルにも使われています
知ってました?


木更津店  豊崎

当記事以外の人気の記事

  1. 2016年11月22日つりレポ

  2. 2018年11月10日つりレポ

  3. 2018年11月15日つりレポ

  4. 2017年12月22日つりレポ

  5. 2017年2月12日つりレポ

  6. 2018年10月28日つりレポ

最新記事

人気の記事

  1. 【つづちゃん今日ドコ行こ】月夜のナイトエギング…

    2016年11月22日つりレポ

  2. 【つづちゃん今日ドコ行こ】わいわいハゼ釣り♪~…

    2018年11月10日つりレポ

  3. 【つづちゃん今日ドコ行こ】ひっさびさ地場の釣り…

    2018年11月15日つりレポ

  4. 『miwaの釣果報告♪』初挑戦、外房サーフヒラメ!

    2017年12月22日つりレポ

  5. 【つづちゃん今日ドコ行こ】ひとつテンヤ真鯛♪~…

    2017年2月12日つりレポ

過去の記事を見る

キャスティングCopyright © World sports Co.,Ltd. All Rights Reserved. Produced by B.Creation & CHOWARI & FISHING JAPAN

Page Top